お金を借りる時の金融機関

お金を借りる時の金融機関

安全にお金を借りたいと思った時には、信頼できる金融機関を利用する必要があります。

 

信頼できる金融機関としてあげることができるのが、銀行になります。

 

銀行の場合、それだけで信頼性がありますので、初めてお金を借りるという方でも安心です。

 

また、気になる利息についても安くなっていますので、借り入れ後の返済の点を考えても最適になってくるでしょう。

 

 

ただ、銀行の場合には、審査の基準が厳しい場合も多くなっていますので、一定の基準を満たさないと借り入れできなくなっています。

 

 

審査の点が気になるという方の場合、無理に銀行でお金を借りるのではなく、消費者金融から借りてみるとよいでしょう。

 

消費者金融の場合、審査の基準は比較的緩くなっていますので、幅広い方がお金を借りることができるのです。

 

気になる金利についても、利用する業者を厳選することで金利を安く抑えることができます。

 

このように、それぞれの方の状態によって、お金を借りる機関を選んでみるとよいでしょう。

 

ただし、借り入れのしやすさや金額を重視するあまり、違法の業者からお金を借りることは避ける必要があります。

 

違法の業者の場合、高い金利を要求されたり違法な取り立てを行ってきますので、利用しないようにしましょう。

 

 

加齢臭用石鹸ランキング

信頼を担保にお金を借りる

 

わたしは普段はクレジットカードで支払いをすることが多く、普段はあまり現金を持ち歩きません。

 

そのため、学生時代の仲間とご飯に行ったときなど、お金を降ろしてくるのを忘れ、会計が足りなかったりすることがあります。

 

そういうときに、お金を借りることがあるのですが、このお金を借りた時に必ず忘れないように「借りたこと」をメモしてます。

 

何故そのようなことをするのかというと、逆の立場でお金を貸したときに、借りた方はお金を借りたことを忘れがちだったり、あるいはなかなか会うことができず、そのまま返すのを忘れられたりすることがあります。

 

 

 

やはり、そのようなことがあると気分がいいものではないし、お金を貸した方はそのことをよく覚えているのです。

 

その経験から、お金を借りた時は必ずスマートフォンのリマインダーに、お金を借りた人の名前と借りた日付、金額をメモし、次に会う時にかならず返すようになりました。

 

またお金を返すときは、お金をそのまま返すのではなく、Thanksカード等を添えて封筒に入れて返すようにしています。

 

もちろん、お金を借りないで済むように行動をすることが大切ですが、万が一お金を借りることになったら「お金を借りる=自分に対する信頼を担保借りている」ということを忘れないようにしたいです。

お金を借りることの社会的マナー

 

私は滅多にお金を借りません。しかし職場には何時もお金を借りる人がいました。

 

例えば、私が夕食を買いに行く時に、ついでに買ってきてと頼まれます。

 

いいよと言って、買ってきてレシートも手渡して○○円だったよと言います。

 

すると分かったと言いながらもお金を返してくれません。

 

たいてい飲み物だったりおにぎりだったりサンドイッチだったりとたいした金額ではないので、催促するほうがそんな小額のことをまだ言っているの?と思われるのがいやで中々お金を貸したよね?返して欲しいとは言えません。

 

勇気を出して前のお金返して貰っていないんだけど、と言うと、今細かいのがないからまた今度返すね、と言われて勇気を出して言っても駄目で、当然後日また返してくれません。

 

そういう姿を職場の人たちは見ているので、あの人はお金を貸しても返してくれないというイメージが当然つきます。

 

たかが数百円です。

 

色々合計しても2000円程度でした。

 

しかし、貸したほうからしてみれば2回も催促したのに返してくれない、3度目は言いにくい。当然マイナスの感情しかわきません。

 

職場で同僚も同じようにだらしがない人だと感じます。

 

たかが数百円とはいえお金を借りて返さないと、社会的地位まで脅かされます。

 

お金をきちんとしない人は仕事もしないと思われます。